[お役立ちガイド]非常に長持ちする太陽光発電

太陽光発電を導入するデメリットというのは、やはり初期費費用が高くなっているということです。
1kwあたりのシステムの工事費が65万円だった場合、3.5kwのシステムの工事費は単純計算で228万円となるのです。

 

太陽光発電システムというのは可働する箇所が殆ど無く、さらに燃焼する部分は一切ありません。
パワーコンディショナーを覗いて、比較的長寿命な設備となっていますが、定期点検をする必要はあります。
システムのデメリットは、発電量が天候に大きく左右され一定の数値では無いということです。
もし天候によって数値が変わらない太陽光発電を導入しようとした時には、さらに高額な機械が必要となってきます。 太陽が出ていれば何かを消費することなく効率的に電力を作ることが出来るのが太陽光発電です。
続々と太陽光発電の導入が行われており、まさに今が時代の変わり目となっているのです。

中野 賃貸
http://www.gulliver-nakano.jp/nakano/



[お役立ちガイド]非常に長持ちする太陽光発電ブログ:18-1-27

減量中は、
食事は24時間3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想の食事摂取カロリーの割合は、
朝方:14時:夕=3:4:3とされています。

例えば…
24時間の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
朝方食540kcal、14時食720kcal、夕食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
14時食に重点を置き、
朝方食と夕食は軽い食事で
済ませるというのがポイントです。

夕食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

減量中でカロリーが気になったり、
食事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
腹の満足感も感じられるのでおすすめです。

食事の時間が不規則で
腹が空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

腹が減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕食がよる遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めの食事にしてみましょう。

よるは消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

食事はバランスが大切です。
朝方・14時・夕を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
食事を上手にコントロールしましょう!