[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?

太陽光発電で可能となる発電量というのは、地域や屋根が向いている方角、そして方位、隣地や周辺の建物の影響などで大きく変わってきます。
そのようなこともあり、明快な発電量に関する情報を調べるために、結構手間がかかってしまうものです。

 

もし4kw程度の太陽光発電システムを自宅に導入した時の年間予測発電量は、およそ4500kwh〜5400kwh程度です。
これを通常の電気料金として計算をしてみますと、年間で約17万円〜20万円前後となるのです。
太陽光発電のことについて地域で開催されるメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに参加をしましょう。
あなたが住んでいる自治体の太陽光発電の過去データを知って検討材料にすることが出来ます。 続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。

中野 賃貸は当サイトへ
http://www.gulliver-nakano.jp/nakano/



[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:20-1-17

減量で失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「減量中は日々トレーニングする」とか
「減量している間はスナック菓子を食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めた減量のルールを破ってしまうと
「もうボクはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきた減量も、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

日々、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
1日とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、減量のやり方について、
1週間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

1週間ぐらいで減量の反省をすれば、
減量の成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

1日単位でみると、
夕食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
1日ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中で減量にとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
減量は前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、減量中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これが減量の基本だと、ボクは思います。