[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありません

最近では自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が続々と導入されてきていますが、そのような制度を実施している自治体の数はそこまで多くありません。
国の導入助成枠が埋まってしまった時には、自治体で利用することの出来る助成制度が無いかを確認しておきましょう。

 

国の助成金制度とは異なっており、太陽光発電システム以外にもエコキュートなども存在しています。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。
助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が全て終了しシステムの稼働開始後と決められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。 話題沸騰の太陽光発電は、今や導入をして当たり前のような雰囲気になってきました。
さらに蓄電が可能な太陽光発電も出てきたことから、節電対策や停電時対策などに大活躍するのです。



[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありませんブログ:19-5-17

お母さんは何でも自分で作る人でした。
スーパーで売っている出来合いの惣菜や、
インスタント食品は我が家では禁止。

その頃、
テレビでインスタントの塩ラーメンやカレーの宣伝が
盛んに流れていました。

ダメと言われるとよけい食べたくなるもので、
テレビのCMを見るたびに、
いつも食べたいと指をくわえていました。

スナック菓子なら目を盗んで買い食いできましたが、
ごはんのおかずは何でも一から手作りされてしまい、
娘にとってはいつも残念な気分でした。

お兄ちゃんとは並んでよく料理の手伝いをしました。
ゴマを香ばしくすったり、
茹でたじゃがいもの皮を剥いてマッシュするのは
娘の係りだと思っていましたから…
 
お母さんは必ず自分で作ったものを、
一番おいしい状態で食べさせてくれました。
それが当たり前という感覚だったようです。

得意の天ぷらは必ず熱いまま食卓に出てきました。
狭い台所だったのに、まるで魔法のように
次から次へと揚げたてが並ぶのです。

揚げたてを
おいしいうちに食べさせてあげたいというお母さんの思いは、
そのまま料理のおいしさになっていたと思います。

お父さんはサラリーマンで、
連日だいたい決まった時間に帰宅しました。

お父さんが風呂から上がると家族そろっての夕方食。
お父さんにはおいらたちとは違う一品が付いていました。

今思えばその一品は晩酌用のビールの肴だったのでしょう。
素材そのものが違うこともありました。

例えば、
おいらたちがあじの焼き魚の時、お父さんは蒸しかれいという具合い。

たまにお父さんがほんの少し料理を分けてくれるのですが、
それがすごく嬉しかったことを覚えています。

我が家には「お父さんの一品」が
いつも自然なものとして食卓に存在したのです。